足立区の居宅介護支援事業所に対する集団指導が、
足立区庁舎で10月2日に行われ、その報告を事業所内で周知しました。

集団指導の内容は、
1.窓口に寄せられた相談内容について
2.近年の実地指導で多かった「間違えやすい事」
3.新しい加算の解釈等です。

相談として寄せられる内容を聞くと、
ケアマネジャーの説明の不足や誤解からくる不満や不信感が
根底にある様に思いました。

相手にわかりやすく伝える事、1つ1つの確認を面倒に思わず行う事、
基本的な事が一番大事だと感じました。

 

おすすめの記事