(写真はイメージです。試験中の撮影は禁止されております。)

平成31年2月3日に、社会福祉士の試験を受けてきました。

同じ時期に、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士の試験を受けられた皆さんもお疲れ様でした。

社会福祉士の試験勉強を振り返って

10月に開始すると宣言していましたが、結局11月に入ってから、試験勉強を開始しました。
短期間のため、過去問から取り組みました。
現場経験も長いので、ある程度わかるだろうと思っていたのですが、、、知らない言葉が多い。

社会福祉士短期養成学校では、
①現代社会と福祉・②地域福祉の理論と方法・③相談援助の理論と方法・④相談援助演習

を勉強しましたが、
他の15科目は勉強していないので、わかるはずがありません。

ということで、自習するしかありませんでしたが、

「社会福祉士の合格教科書(福祉教育カレッジ)」
「問題集(過去問・模擬問題)日本ソーシャルワーク教育学校連盟」

で勉強に取り組みましたが、理解は遅々として進まず、挫折しそうでした。

WEB講座がお勧め

そんななか、社会福祉士短期養成学校のスクーリングの講師よりWEB講座を教えていただきました。

WEB講座は、日本ソーシャルワーク教育学校連盟のホームページで無料で誰でも見れます。
テキスト代も高くないので、とってもお得です。

12月に入ってから通勤時間と休日を使って、全講座を2回以上視聴しました。
最初はわからなくても、繰り返して、視聴することで理解が進みました。
YouTubeでも見られるので、2回目以降は1.5倍速で視聴しました。

1月になって、問題集を再開しましたが、問題が理解できるようになりました。

結果的には、過去問(平成29年・平成30年)・模擬問題(3回分)を、2~3度繰り返して試験に臨みました。
模擬問題は難しく、こんな問題がでるのかなと思うくらいでしたが、
試験を受けてから振り返ると、模擬問題を行っていたことで解けた問題も多かったです。

とりあえずは、試験勉強のために、お酒も控えていたので解禁して、
あとは3月15日の発表を待ちたいと思います。

おすすめの記事