管理者挨拶

居宅介護支援事業所はごろもの管理者の塚田悟司と言います。

資格:主任介護支援専門員、介護福祉士、社会福祉主事任用資格

福祉・介護の仕事をするきっかけ

昭和53年に茨城県の大子町で生まれ、埼玉県の草加市で育ち、東京都の足立区内で20年以上働いています。

幼稚園の時に知的障害のある子とよく遊んだこと、小学校の時に自分自身が言葉の遅れがあったこと、祖母と過ごすことが多かったこと、何となく福祉や介護に興味を持つことが多かった子供時代を過ごしました。

その後、福祉の専門学校で勉強して、障がい児支援、高齢者介護施設、在宅の介護支援専門員と、福祉・介護業界で20年働いています。

福祉や介護の仕事は「お世話」ではなく、「幸せに近づける」「自己実現を支援」する専門職という認識で働いています。

管理者として

長らく利用者様の直接支援を行っていましたが、平成26年から管理業務を行うことになりました。
現場の経験しかなかったので、通信制ですが大学に入り、経営やマネジメントを勉強しました。

現在は、居宅介護支援事業所はごろもの管理者とデイサービスはごろもの管理者の兼務もしています。

平成28年には、別法人になりますが訪問看護ステーションはなももの設立も行いました。
組織が成長して大きくなることは大切ですが、質を維持していくことは大変です。

現在の取り組み

質の維持のために、スタッフが使命感を持って成長できる組織づくりが必要です。
そのため、人を育てる力を持ちたく、改めて社会福祉士の勉強を行っています。

また、AIの時代が到来するなか、乗り遅れないように積極的にIOT技術を取り入れていこうと思っています。

好きなこと:静かにしていること、静かにしていないこと
休日の過ごし方:図書館で勉強、絵を描く、たまに子供の相手
好きな食べ物:西京漬け全般、干し柿、もずく
ペット:シーズー(個人的には猫派です)

はんくん(左)♂:推定12歳。好きなこと「寝ること」好きな言葉「おりは」。
もんちゃん(右)♀:4歳。はんくんの孫。好きなこと「散歩」好きな食べ物「芋」。