平成31年の社会福祉士に合格できました

平成31年3月15日に合格発表があり、翌日には合格通知が届きました。

今は、筆記試験の得点もわかるんですね。
自慢になりますが、122点取れました。

合格率は28.9%と、前回よりポイントは下がっていますが、
同じくらいの難易度だったのでしょうか。
受験者数は、減少が続いており、前年より2,300人ほど減っているのが、
ちょっと残念でもあります。

とりあえずは、合格でき、ほっとしています。
ただ、登録するまでに、20,000円弱とちょっと高いです。

市役所に住民票を取りに行き、郵便局で支払いや印紙購入の手続きなど、時間もかかります。
ネットバンキングやコンビニなどで支払いなど、手続きの簡便化をしてほしいと思いました。

主任介護支援専門員更新研修も修了

また、平成30年12月から受けていた主任介護支援専門員更新研修
も、3月1日に無事に終了しました。

全部で8日間あり、遅刻・早退が原則認められないので、
体調管理や電車の遅延など欠席とならないように変なプレッシャーがありました。

午前は講義で午後はグループワークでした。

午前の講義は、2時間半のため、講師の話がどうとかよりも、
少々詰め込みすぎの内容だったと思います。

また、講義で教示されたアセスメントの振り返りを行うことなどは
できれば理想的なのですが、実務でそのようなことを、
行える時間を作るのが難しいなと思いました。

午後のグループワークは、指導事例を用いて行うのですが、
むしろ午後のグループワークの方が、実務の話ができ、有意義だったと思います。
それぞれの事業所やケアマネが工夫している話や苦労している話を聞けたことが良かったです。

ケアマネ自体が業務も増えてきたことで、どの事業所でも人材難になってきており、
地域によっては、プラン担当できるケアマネが不足するところも出てきているようです。

また、自治体によって、行政のかかわり方、地域住民のかかわり方など、
取り組みは様々であることがわかりました。

今後のスキルアップについて

今回は、同時期に2つの資格取得しましたが、
来年度は、相談援助の理論と方法を、より実務的に学ぶために、
社会福祉士会に入会して、認定社会福祉士を目指して学ぶか
権利擁護として、民法や行政法も、しっかりと勉強したいと思ったので、
行政書士を目指すか、ちょっと悩んでいます。

おすすめの記事